■アマゾンHQ2をNYが辞退(Weekly LALALA 783号掲載)

テキサスNOW
■アマゾンHQ2をNYが辞退

アマゾンHQ2をNYが辞退アマゾンHQ2に選ばれたニューヨークが辞退となりました。アマゾンが来ると賃貸の価格、物件の売買価格も上昇し固定資産税も上がります。こうした問題を懸念した住民からの猛反対を受けた模様です。
最終的にはテネシーになりそうです。ダラスはこの状況でもまだ歓迎しているという発表がされています。ただ技術的なサポートをしてくれる強い市をこれからも探し続けていくとアマゾンは発表。ダラスが選ばれない一番の原因は技術的なスキルを持つ学生がまだまだ育っていないということでした。次はインド人の人口の増加、IT塾の台頭などが期待されています。今、北ダラスで話題のアイコードやコード忍者も期待されて続々と支店が出てきています。フランチャイズ制なのでこれをビジネスチャンスとしてみる人も多いようです。北ダラスの賃貸はホリデーシーズンでも常に活気があります。会社のリロケーションがほとんどで随時人を募集しているので、家が必要になるわけです。この傾向は止まることを知りません。現在の賃貸在庫は北ダラスのプレイノから30分近辺で2週間でなくなるというスピードです。多くの方は家の中を見ないで契約をするほどなのでかなり切羽詰まった状況です。投資家としては非常に有利な状況です。今後は会社の増え方、そしてどこに会社ができるのかが次の投資エリアを探す上で重要なガイドラインなると思われます。

篠原健治(しのはら けんじ)
アメリカ、テキサス州を拠点に、戸建、アパート物件、管理、修理など米国不動産に関わる事業を展開中。米国トヨタ本社移転により住宅価格が上昇中の20万ドル後半から35万ドルの投資物件の購入、管理を得意としている。
ホームページ:www.shinohararealty.com
連絡先:kenshinohara1@gmail.com または kenji@shinohararealty.com
電話:214-551-8806
ブログ: http://shinohara1.wp.xdomain.jp/

 



Weekly LALALA ホームに戻る